HMPLAN
特許取得

全国の橋梁等の銅・ゴム・コンクリート構造物駆体の腐食・劣化を防ぎ、
みなさまの安全と日本の美しい景観を守ります。

耐塩害性・耐薬品性に優れた
高耐久性シリコーンコーティング


「クリスタルジュエリー工法」は、透明性を持つ特殊クリアシリコーン樹脂塗料により、橋梁等の鋼・ゴム・コンクリート 構造物駆体の目視調査と長寿命化によるLCC向上を実現。腐食の多い桁端部や支承部にも3種ケレン程度の素地調整で長期防食効果が期待できます。

「クリスタルジュエリー工法」の施工メリット

クリスタルジュエリー工法の特徴

1

耐薬品性に優れ、飛来塩分や塩カルの蓄積に耐える事ができる塗膜を形成するため耐塩害性に優れています。


2

鋼構造物塗替塗装において素地調整工は3種ケレン程度の処理で金属溶射やRcー1塗装系に並ぶ防錆力を発揮し長期防錆が可能となっています。


3

ケレン後の鋼材面やメッキ面に直接塗布する標準塗装仕様の他、C-5塗装系や、Rc-1塗装系や錆転換型防食塗装の仕上がり面に施す事も可能となっています。


4

歩道橋の階段と通路との隙間など、塗装が施しにくい隙間防錆塗装が対応可能となっています。


5

鋼材、ゴム、コンクリート面に施工が可能なため、鋼材腐食を生じやすい他部材との境界部の防食性に優れています。

鋼材・・・・・再腐食を抑制し長期防錆が可能
ゴム・・・・・オゾン劣化を抑制させる事が可能
コンクリート・・・沓座モルタル等の中性化予防。超撥水型の弾性塗膜を形成するため、ひび割れに追従し防水性に優れます。


そのため支承を含む桁端部や添接部の他、根巻部等に有効性を発揮致します。


6

透明塗膜を形成するため、点検時に塗膜上から目視で下地状態を確認できるため、橋梁点検における生産性の向上に繋がります。


7

透明塗膜の塗装では各工程の管理が困難でしたが、ブラックライトを当てる事により各層が異なった色を発色するため、工程管理が容易で品質の確保に優れています。


8

本工法の商材は1液型塗料のためヒューマンエラーを生じ難しくなっております。


クリスタルジュエリー工法の施工イメージ例と塗膜構造図

■主な適用箇所
支承(鋼材・ゴム)、桁端部、橋台コンクリート部、鋼橋脚部根巻、桁部・フランジ等の上塗り塗膜後のオーバーコート等

シリコーン樹脂は、結合の主骨格となるシロキサン結合(Si-O-SI)と各種有機基が結び付くことで、多くんの特性を発揮します。シロキサン結合の結合力の強さにより酸化しにくく柔軟で優れた透湿性を持ち、耐候性や耐水性、撥水性、耐薬品性(耐塩害性)、電気絶縁性に優れています。

■施工中

■施工後

駆体面上に撥水性に優れた化成被膜と特殊シリコーンを主成分とした強靭なシロキサン結合の塗膜を形成することで、長期に渡り腐食因子(水分や塩化物)やオゾンの浸潤を防ぎ、一般環境から塩害環境まで重要構造物の鋼・ゴム・コンクリートへの防食効果が期待できます。

クリア樹脂塗料塗装時の問題を解決

特許第6854570号
透明塗膜の検査方法、塗膜積層構造材の製造方法および透明塗膜キット
特許取得済!

1

ブラックライトを照射すると蛍光色となり、照射しない場合は透明な塗料

ブラックライト
照射無し

ブラックライト
照射有り

完状態

2

工程毎の色彩を替える事により、塗り忘れを抑制し、施工性や工程管理の作業性が向上する

工程1

工程2

工程3

クリスタルジュエリーの特徴

1

工程毎の色彩を替える事により、塗り忘れを抑制し、施工性や品質管理が向上する

工程1

工程2

工程3

2

透明塗料の特性を生かし、塗装前に膜厚測定箇所をマーキングする事により測定箇所のズレを抑制し品質確認の作業性が向上する

マーキング

膜厚測定

3

施工中にWETゲージを用いて塗布量確認が容易になるため、品質の管理性が向上する

■クリア塗料の施工管理上の問題の解決

構造物用のブラックライト照射発光型クリア樹脂塗料を開発

下塗り・中塗り・上塗りの特殊クリアシリコーン塗料は、UVライトを照射する事で各層ごとに鮮明な蛍光変色が確認できるため、施工管理上の塗り残しや塗布量不足を防ぐことができます。

商品性能

■防食性

JISH8502、JISK5600複合サイクル試験(120サイクル)を行い、3種ケレン程度の素地調整で溶射相当の防錆性能を発揮。

■耐候性

JISK5600キセノンランプ法を用いた促進耐候性試験(2000時間)を行い、光沢保持率100%を発揮し期待耐久年数100 年を確保。

■変形追随性

変形追随性試験にてJISK6251 NRゴム及びCRゴムに塗布した試験体を250%×5回以上引っ張り、。割れや剥がれを認めず。

■耐オゾン性

オゾン劣化試験にてJISK6251 NRゴム及びCRゴムに塗布した試験体を96時間オゾンをあて、割れや剥がれを認めず。

商品規格

下処理材

本工法の使用方法や商品の詳細に関しては、説明書、SDS、施工要領書等をご参照ください。

代理店一覧

近畿地方

三重塗料株式会社

所在地 〒515-2112 三重県松阪市曽原町478番地
電話番号 0598-56-6600
FAX番号 0598-56-6622

中国地方

株式会社サンクリエイト

所在地 〒680-0921 鳥取県鳥取市古海260-26
電話番号 0857-30-5200
FAX番号 0857-30-5201

沖縄

株式会社サンクリエイト

所在地 〒901-1104 沖縄県島尻郡南風原町宮平308
電話番号 098-996-5371
FAX番号 098-996-5372

橋シルエット